ジュエリー用語集

ジュエリーや宝石に使われるさまざまな専門用語。
日頃何気なく通り過ぎる言葉も、ふと疑問に思うことはありませんか? 不明な用語がありましたらどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

K24・K18

金の純度は24分率で表示されますが、K24は混ざりもののない100%純粋な金を意味し、純金と呼ばれます。
これに対しK18は、75%の金と25%の「割金」(わりがね)を混ぜ合わせることで出来上がります。
今多く出回っているカラーゴールドは、この「割金」の内容を変えることで誕生するのです。
純金は大変柔らかい金属ですので、そのままジュエリーに使用するとキズがつき易く、一般的には適度な硬度を持たせたK18を使用します。

Pt(プラチナ)

プラチナの純度は1000分率で表示されますが、混ざりもののない100%純粋なプラチナをPt1000・純プラチナなどと呼びます。
生まれながらに真っ白な色彩を持ち、また採掘量は金の1/25と大変わずかで、希少性も高く貴重な金属になります。
一般的に指輪などにはPt900、ネックレスにはPt850が使われています。

WG(ホワイトゴールド)

※「K24・K18」の説明からご覧いただくと理解しやすいと思います。
金と割金を混ぜ合わせることによって誕生するのがホワイトゴールド。
金の仲間に入り、白っぽい色からこのように呼ばれていますが、実際はシャンパンゴールドのようなカラーで、表面にロジウム加工を施すことで白色になります。
白色ですが、プラチナとは全く違う部類に入り、プラチナよりも比重が軽いのが特徴です。
ホワイトゴールドの中にはK14WG・K18WGなどがあります。

SV(シルバー)

シルバーの純度は1000分率で表示されますが、一般的なシルバージュエリーはスターリングシルバーと呼ばれるSV925が使われています。
これは純銀含有量92.5%のものを言い、表面にロジウム加工を施すことが多いです。

金質刻印の色々

貴金属製品の刻印にはさまざまなものが存在します。

プラチナ(白金)

Pt・Pm
昔はこのように表示されていたものが多いようです。一般に純プラチナ含有率に幅がありますが、プラチナと呼べるでしょう。
Pt850
純プラチナ含有率85%
Pt900
純プラチナ含有率90%
Pt1000
純プラチナ含有率100%

【ゴールド(金)】

K9
純金含有率37.5% 金と呼ぶにはギリギリのラインです。
K14
純金含有率58.3%
K18
純金含有率75% 一般的に一番多いのがK18です。外国製品の「750」もこの部類に入ります。
K22
純金含有率91.7%
K24
純金含有率99.99%

ホワイトゴールド

K14WG・K18WGなど。

イエローゴールド・ピンクゴールド

YG・K18YG・PG・K18PGなど。

シルバー(銀)

一般的には純銀含有率92.5%のスターリングシルバーが多いです。 刻印はSV・SILVER・STARRING SILVER・925などがあります。

ご注意下さい!メッキです

PF・GF・GPなど。悪質なものはこの限りではなく、大変紛らわしく表示しています。ちょっとでも不安に思うものは避けましょう。

鏡面仕上げ(ポリッシュ)

「ツヤ出し」とも呼び、研磨剤でピカピカに磨き上げた鏡のような仕上げ方法。光沢がある分、派手やかな印象になります。

つや消し仕上げ(マット・ホーニング)

地金の表面に無数の細かな凹凸をつける技術・手法をいいます。
これを施した地金は光沢や艶がなくなり、渋く落ち着いた印象になります。

スターダスト仕上げ

鋭角な工具を用いて、貴金属に凹凸のある細かな模様をつけたもの。光の反射によって、あらゆる角度からパヴェのような輝きを放ちます。

ロジウム加工(メッキ)

ロジウム加工とは、ホワイトゴールドジュエリー・シルバージュエリーなどによく用いられる方法で、金属の表面にコーティングをすることを言います。
酸化による変色などを防ぎ美しい状態を長持ちさせる効果があります。
但し効果は永久的ではなく、強い摩擦や経年により剥がれてきますので、その場合は再度ロジウム加工が必要になります。
現在ではプラチナジュエリーにもロジウム加工されるものが増えています。

鑑別書

ダイヤモンドを初め、あらゆる種類の宝石に対してそれがどんな石なのかを判断したものを言います。例えばそれがサファイアであるのかルビーであるのか、又天然石であるのか処理石であるのかなど。
※画像は中央宝石研究所発行

鑑別書見本

鑑定書

「ダイヤモンド・グレーディング・リポート」とも呼ばれ、ダイヤモンドのみを対象として発行されるもの。その石がどの位のランクにあるのかを、熟練の鑑定士によりダイヤモンドの品質評価基準となる「4C」で表したものです。
※画像は中央宝石研究所発行

鑑定書見本

レール留め

電車の線路にある“レール”。このレールのように、直線や曲線を描く2本の貴金属の間に宝石を挟み込むようにして留めるセッティングを言います。
間に爪が入りませんので、宝石をよりすっきりと美しく見せる効果があります。

遊色効果(プレイ・オブ・カラー)

オパールの7色に輝く虹色の効果のこと。虹色の模様は「斑(ふ)」と呼ばれます。

インクルージョン(内包物・包有物)

鉱物や宝石の内部に入っている液体・固体・気体などの異物をいい、鑑別の重要な判定材料となります。
※ガラスなどに入っている気泡もこれにあたります。

モース硬度

宝石や鉱物の硬さの程度を表す基準です。数字が大きくなるほど硬く、小さくなるほど柔らかくなります。最も硬いダイヤモンドを10とし、以下10段階に分類されます。
※モース硬度は、硬さ(キズのつき易さ)の順番を数値として表したものであって、硬度が高くても割れ易いもの、また硬度はそれほどでもなくても割れにくいものもあります。これは結晶の構造の違いよるものです。つまり「硬さ」と「割れ易さ」は必ずしも比例しないので、日頃の取り扱いの参考程度に覚えておかれることをおすすめします。

10
ダイヤモンド
9
ルビー・サファイア
8.5
アレキサンドライト・キャッツアイ
8
トパーズ
7.5
アクアマリン・エメラルド
7
ガーネット・トルマリン
6.5
ヒスイ・ペリドット
6
タンザナイト・ムーンストーン・オパール・ラピスラズリ・トルコ石
5
アパタイト
4
フローライト
3
カルサイト
2
ジプサム(石膏)
1
タルク(滑石)

クラック

原石またはカットされた石の内部に生じるヒビや割れのこと。

メレー

主にダイヤモンドの小粒サイズを意味し、通称「メレダイヤ」などと呼ばれます。

シャトヤンシー効果

光を当てると、カボション面に一条の光の帯の出るキャッツアイ効果のこと。

アンティークジュエリー

骨董的価値のあるジュエリー。米国の関税法では100年以上経過したものを言います。

エンハンスメント(改良)

宝石が元々持っている潜在的な美しさを引きだす目的で行われる含浸処理・加熱処理などの人的手段を言い、現在ではほとんどのものにされています。
許可された処理作業として天然石を名乗ることが許されていますので価値が下がることはありません。
鑑別書には「一般にエンハンスメントが行われています」と明記されます。

トリートメント(改変)

宝石が持つ本来の性質とは関係なく、人工的に色や外観を変えてしまう改変作業。
許可されたエンハンスメントと違い天然石とは認められませんので、一般的に価値や評価が下がります。
現在は鑑別書に明記する事が義務づけられています。

スター効果(アステリズム)

光を当てると、カボション面に星が出ること。

脇石

メインストーンの左右のすぐ近くにセットされた宝石。

バイカラー

ひとつの結晶が2色に分かれていること。結晶が成長する際に、周りの自然条件が変わることで化学組成が変化し、異なる色が現れます。

セミプレシャスストーン

半貴石のこと。財産的・宝飾的価値が貴石よりも低く位置づけられる宝石類全般の総称。

ルース

日本では「裸石」とも呼ばれ、研磨済みの、枠に留められる前の宝石を指します。枠にセットされると、ジュエリーになります。

パヴェセッティング

「パヴェ」とはフランス語で石畳・敷石のこと。宝石を、石畳のようにぴったり隙間なく敷き詰めることをいいます。

スクラッチ

宝石の表面に出来たひっかきキズのこと。

ファンシーカット

ダイヤモンドのカットの中でもスタンダードな「ラウンドブリリアントカット」、これ以外を総称して「ファンシーカット」と呼びます。一般的にはオーバルカット・ペアシェイプカット・マーキスカット・エメラルドカット・ハートシェイプカットなどがあります。

ファンシーカット見本

イヤリング金具(ネジ・ネジバネ・クリップ)

ネジ式
ネジを回してとめる最も一般的な金具。
ネジバネ式
ネジ式のものに、バネが追加されたもの。バネ式のストッパーを耳に挟み、ネジを回してとめます。
クリップ式
バネ式のストッパーを耳に挟んでとめる金具。つけ外しが楽です。

イヤリング金具見本

ブローチ金具(風車・テッポウ)

風車式
風車のように金具を回して固定するもの。
テッポウ式
ロケット式とも呼ばれ、筒状の金具をスライドさせ、針の先端を包み込んでとめるもの。外れにくく、風車式よりも価格は高めです。

ブローチ金具見本

真珠

「海の宝石」とも言われる真珠。真珠と一言に言っても沢山のものがあり、母貝によってそれぞれの特徴や美しさがあります。

アコヤ真珠
《母貝:アコヤ貝》
古くから「和珠」と呼ばれ、日本の養殖真珠のほとんどを占めます。アコヤ独特の美しい光沢を持ち、色合いも豊富。母貝の大きさから、10mmを超えるものは大変希少。
南洋真珠
《母貝:白蝶貝》
母貝に恵まれ、大粒の真珠に育ちますが、巻きが厚いのが特徴であることから真円になりにくく、バロックになり易い。
黒蝶真珠
《母貝:黒蝶貝》
タヒチを中心として生産されていることから「タヒチ真珠」とも呼ばれ、他の真珠と比べ色や形が豊富。特に孔雀の羽根の色のような「ピーコックカラー」は評価が高い。
淡水真珠
《母貝:イケチョウ貝・カラス貝など》
現在では特に中国での生産量が多く、日本では琵琶湖や霞ヶ浦に生息。海水産でない唯一の真珠で、色も豊富です。
マベ真珠
《母貝:マベ貝》
他の真珠と違い半円形なのが特徴。ドロップ形やハート形のものもあり、深みのある独特のレインボーカラーが美しい真珠です。

ピンキーリング

小指用に作られたサイズの小さなリング。

ページ上部へ戻る