ダイヤモンド4C

ダイヤモンドは4つの「C」によって評価されます。
・Carat (カラット=重量) ・Color (カラー=色) ・Clarity (クラリティ=透明度) ・Cut (カット=全体的な形と仕上げ) この4つのグレードの頭文字Cをとって「4C」と呼ばれているのです。

Carat(カラット=重量)

カラットとは宝石の重量を表す単位です。ダイヤモンドの重さはこのカラット(略字ではct)で表わされ、1カラットは0.2gです。

Color(カラー=色)

ダイヤモンドのカラーグレードは、黄色味の含まれる色調の微妙な違いによってDを最高にZまでの23段階に分類評価されます。
ほとんどのダイヤモンドは僅かに黄色味を帯び、これが無色に近いほど希少価値があります。

D E F G H I J K L M N……Z
無色 ほとんど無色 僅かな黄色 薄い黄色……黄色

Clarity(クラリティ=透明度)

天然のダイヤモンドのほとんどには、極めて微小なインクルージョン(内包物)が含まれています。これを10倍の拡大鏡で検査し、フローレス(FL)を最高にI3までの11段階に分類評価されます。この検査では、インクルージョン(内包物)の有無・大きさ・位置・性質・数・色が総合的に判断されます。

FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3
内包物なし ごくごく僅かな内包物 ごく僅かな内包物 僅かな内包物 肉眼で発見できる内包物

Cut(カット=全体的な形と仕上げ)

ダイヤモンドの本来の輝きを最大限に引き出す為には、熟練した職人の技術が必要とされます。
カットのグレードは、プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)を基に総合的に判断し、エクセレント(EXCELLENT)を最高にプアー(Poor)までの5段階に分類評価されます。

EXCELLENT VERY GOOD GOOD FAIR POOR
エクセレント ベリーグッド グッド フェアー プアー

H&C

プロポーション(形)とシンメトリー(対称性)の良いダイヤモンドは、8つのアロー(矢模様)とハート像を映し出します。これがハート&キューピットと呼ばれるものです。シンメトリー(対称性)とは、ダイヤモンドのファセット(研磨された面)の位置やバランスの仕上げの評価で、左右の対称性の良いダイヤモンドは美しく輝きます。別名ハート&アローとも呼ばれますが、内容は同じです。

ダイヤモンド画像

写真左はダイヤモンドをクラウン側(表側)から、写真右はダイヤモンドをパビリオン側(裏側)から特殊なスコープで撮影したものです。


POINT

カットのグレードは、プロポーション(形)やシンメトリー(対称性)だけで決まるものではありません。ハート&キューピットであっても、カットの評価がエクセレントでないものもあります。総合的に優れたものが良いカットですから、ハート&キューピットという事だけで判断されるのではなく、カット本来の評価を大切にして頂く事をお勧めいたします。

3EXCELLENT(トリプルエクセレント)

カットのグレードは、プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)を基に総合的な評価が決まりますが、それと併記される項目にシンメトリー(対称性)・ポリッシュ(研磨状態)というものがあります。トリプルエクセレントとは、カットの総合評価がエクセレントである事に加え、シンメトリー(対称性)・ポリッシュ(研磨状態)の評価も共にエクセレントである事、この3つの条件をクリアして初めて与えられる称号です。勿論、トリプルエクセレントであれば必然的にハート&キューピットも付いてきますので、非常に希少価値の高いダイヤモンドと言えます。

ページ上部へ戻る